ディプロマ, オリエンテーションと将来

高校の最後の年は、一般に、彼らは国家試験を受けなければならないので、学生のための最も困難な年と考えられています。 一般的な試験によって表される恐れのない脅威の前では、学生の質量を通して見られる反応は多くあります: 本の上に自分自身を殺す人があります, 誰が借方を回復しようとします, 死者と推定されている人 (過小評価) そして、誰が彼らを考えます数学がそれほど難しくなく、友人の助けに頼っていることを望んでいる、すでにすべてを知っています。

まだ共通のアイデア、単一の偉大なスピリチュアルガイド、誰を除外することなく、すべての単一の偉大な欲望は、尋ねる: それが行く方法は、できるだけ早く終了し、行きます! (そして、彼らは試験に合格した場合、それはさらに良いです! 誰もそんなに体重を与えないということは、卒業証書の後に来るものです。

実際には、学生のほとんどは、彼らの将来が何をすべきかについての非常に明確なアイデアを持っていないと勉強を続けることを決めた人の間で、非常にいくつかはすでに何をするかを決めています。 しかし、未来自体は、バックグラウンドで起こることができるものではなく、したがって、それは我々が得ることができる機会に関係しているので、おそらくさえ知らないので、すべての可能な情報を持っている必要があります。 通常は完了していない情報。 実際には、学校の最後の年の間に行われている多くのオリエンテーションプログラムは、実際に既存の代わりに、可能性を留学する可能性の事実を説明していません。

ロンドンを選ぶ1001の理由

すべての外国の大学の中で, 英語の大学を選択することは確かに最良の選択肢です. 英国の大学は、実際には、教育の高い基準から離れて優れた国際的な評判を享受するだけでなく、(まだそれを知らない人のために) 英語を学ぶために英国で勉強すると、パスポートの卓越性として考慮すべきである: 3新しい現実を知り、世界を変えることを望む人のための基本的な要件。

間違いなく、それは106があるので、すべての英語の大学で分離することは簡単な作業ではありません! それでも、偉大なロンドンの研究所にサインアップすることを選択した人は、彼がそれを後悔しないことを確信しています。 これは、ロンドンは、あなたがすべてとはるかを見つけることができるコスモポリタン、色とりどり都市であるためです: それは適応することは不可能です!

また、ロンドンで勉強している人は、誰もが自分のスペースを見つけることができ、なぜ、将来の仕事である、生活と継続的に進化する世界との継続的な接触です。 ロンドンを選択することは、お互いの将来のための基礎である教育自体のためのトップを選択することを意味します。
「どこへ行こうとしているかわからなければ、どんな道でもそこに行く」 (ルイス・キャロル)

ロンドン女王メアリー大学

コースの UCAS とオプション

大学への登録のための英語システムは、私たちとは大きく異なります。実際には、個々の機関に直接入学試験を提示する必要はありませんが、すべてが単一の機関、UCAS (大学やカレッジの入学サービス) から来ています。 この機関は、異なる大学への碑文のアプリケーションのコンパイルを扱うし、別の機関に送信します。 それは常に彼らのアプリケーションの成功の意欲的な (初年度の大学の学生) 志望を通知する UCAS のタスクになります。 また、要求を拒否された人のために、他のオプションが提示されますが、我々は順序で行く。 最初のステップは、オプションが5つだけかもしれないという事実を考慮して、あなたが要求をしたいと思うコースを決定することです。 さらに多くの情報があります。

  • あなたは、医学、歯科や獣医 (5 番目のコースは、前の領域に入るべきではありません) の領域で、最大4つのコースを選択することができます
  • [ルート B のアートとデザイン] カテゴリの3つのコース (次のページの詳細情報) を選択できます (他のオプションは前のコースとは異なる他の科目に使用できます)。
  • あなたはケンブリッジやオックスフォードの名門大学で単一のコースを選択することができます。

オプションは、すべての簡単ではないので、非常に正確であり、すべてのプロと con のアカウントを持っている必要があります。上記のすべてのあなたは、あなたが従うことを意図したコースの品質を評価しなければならない、私たちの優先事項であるかを確認し、特定の大学と研究所が私たちを提供している特定の都市サービスを検証します, 経済的な可用性を忘れずに.

志願者が同じUCASを選択するのを助けるために そのオンラインサイト (www.ucas.ac.uk) では、訪問者が実行することができます (要求のコンパイル時に有用な英数字のシーケンスによって識別された) それぞれのコースと英国の領土内に存在するすべての大学の選択を提供していますさまざまな検索条件に従って検索します (地理的領域、件名、コースの種類によって)。

また、ウェブを閲覧すると、このトピックについて話す多くのサイトやフォーラムを見つけることができます。特に私にとって最も興味深いのは教育セクションです。
Timesonline は、あなたが異なる英国の機関の classifics だけでなく、多くの質問を持っている人に関心の主な情報が含まれているすべてのそれらのプロファイル、および大学が作った多くの大学の説明を見つけることができます。生活: 学生。

申請書の記入

After having chosen the courses to which you want to send the application, you need to connect online to the UCAS website (www.ucas.ac.uk) and fill out the application on the website: in fact, the entire system for collecting the application forms is computerized, hence it is the only way to enroll in a British university. After you have connected to the website you have to go to the apply section and register for free. A volta done all that is necessary to fill the different parts of the application form, without passing any detlla, but it is not necessary to fill the entire module at once, in fact it is possible to save our work and continue in a second moment. The application form is divided into different parts, in addition to the section related to the anagraphic data there are other very important sections, among which are:

  • EDUCATION SECTION: in this it is necessary to indicate the titles in our possession and those that we are about to obtain (it is necessary to indicate an estimate of the note that we think about obtaining the diploma, a true estimate and therefore made by a member of the class council) since the English system is meritocratic and therefore rewards those who have high marks in the subjects for which they intend to attend a university course.
  • REFERENCE: in this section you must insert a letter of presentation rigorously written in English by the teacher of linguas to emphasize the possession of the linguistic abilities necessary to follow an English course and to be able to sustain the oral or written tests that will be followed during The year, in addition, the letter should be written in collaboration with the teacher of the subject that is intended to follow later with the courses in order to also demonstrate the skills that are possessed in the determined discipline.
  • PERSONAL STATEMENT: is the cover letter that must be written in English personally by the applicant (who makes the request), it must be concise (think how many requests have to read those responsible for admissions) and underline the points themselves of force and the motivations of choosing the course (without naming the universities to which the applications have been made).
    It can also indicate all the skills that are thought to be taken into consideration (sports titles obtained nationally, brief sports such as assistant bathers) as well as a general presentation of yourself (hobby, interests) and objectives that one puts for the immediate present, but also for the next future: that is, we must indicate a series of good reasons to convince the university that it can not not have you as a student. This is probably the most important part of the application form and therefore has to be written in proper English and must contain a general picture of the applicant: it is worth taking a long time to complete it!Study in the United Kingdom – University application

Estudiar en el Reino Unido - Aplicación universitaria

Application: costs and terms

After filling out all the parts of the application form, you can continue sending the online application. It is necessary to have a credit card or that a person who owns it uses it for us, in fact, to complete the sending of the application you need to pay online an amount equivalent to £5 (6.54 euro) if you express a single preference (one course only) or £15 (19.62 euro) if more than one preference is expressed. In the case it is not possible to make this payment online, it is possible to send the request anyway making the payment in other ways, it is still necessary to contact the client service of the UCAS.

It is very important to also consider the last date to send the application, in fact there are very different terms regarding Spanish universities. In particular for those who wish to apply for a course at the University of Cambridge or Oxford or medicine, dentistry or veterinary medicine, you must send the application before October 15 of the preceding year) for example, for those who want to begin attending courses in September 2009 must send the application before October 15, 2008), while for others the term is January 15 of the same year (for example whoever wants to begin attending courses in September 2009 has to send the application before January 15, 2009).

The courses that are from the Route B art and design vuyo limit area are March 24th. Applications submitted after these dates (most of all before June 30 or June 12 for those of Route B) will be considered only if there will still be vacancies or at the discretion of the university and not all will be treated at the same. Way of those received on time. (It’s still worth sending the application anyway, even if it’s too late! There are always free positions!)

What happens next

アプリケーションフォーム自体を送信した後、あなたは私たちのアプリケーションの状態を制御するために、UCAS のウェブサイトのトラックセクションに挿入するために、定義番号アプリケーション番号を含む短い文字を受け取ります。 いずれにせよ、私たちは、アプリケーションが送信された大学の一つは、私たちの入場についての決定をした瞬間に私たちの好みに応じて電子メールやテキストメッセージを受信します以下. すべては常に UCAS のウェブサイトから管理されています。

異なる大学は、アプリケーションを受け入れるか、またはそれを拒否するか、または特定の基準 (例えば、英語またはディプロマの特定のレベルの知識のある程度) に到達するときに代替または条件付きオファーを提案することができます。 申請者は、彼/彼女がアプリケーションを作ったすべての大学からの応答を取得した後にのみ UCAS を介して回答する必要があり、最終的にはいくつかの疑問を明確にするために、直接大学の入学の頭に連絡することができますようにE 提案されたオファー。

すべてのアプリケーションが却下された場合には、申請者は自動的にあなたがとにかく大学での位置を見つけるのを助けることができるクリアとエクストラ、という名前の他のプログラムの一部になります (詳細についてはここをクリックしてください)。 あなたが大学に受け入れられ、あなたの申し出に応答したら、最も困難な部分はすでに行われています。 しかし、より多くの問題を念頭に置く必要があります。

学生宿舎

宿泊 施設

それは宿泊施設とは何かのために、心配しないでください。 最初の年に時間に入学する学生のために、彼らは大学の一つでの地位を保証します. 部屋は非常に多様である (共通のサービスを持つシングルルーム、ダブルルーム、ミニアパートなど) と大学によると、そのようなダイニングルームやランドリーなどの他のサービスが保証されます。

いずれにせよ、大学での地位を得るために申請する必要があります。 アプリケーションは、通常、大学のウェブサイトからダウンロードされます, しかし、より多くの情報のために、それは直接同じ大学に連絡することが有用であろう. 大学に滞在したくない人のために、家族計画や部屋やアパートを借りるなど、より多くの可能性があります。 通常、宿泊施設を見つけるのを助けることができる大学でのサービスがあります。

授業料

大学のラインに関しては、イングランドでは税金は、すべての機関のために年間£3000前後で異なりますが、頻繁にコースに応じてバリエーションがあるかもしれません。 いずれの場合も、UCAS ウェブサイトのコース検索セクションまたは大学のウェブサイトで、必要な情報がすべて表示されます。

英語 profieciency

大学 Longu によって要求された知識に何をしなければならないために、通常は B2 以上のレベルの所持を必要とし、そのレベルは、本学で認められた試験 (例えば、IELTS 試験のレベル 6.5) で一定の等級に達した後に目撃しました。 あなたが共通語のこのレベルの知識を持っていない場合、おそらくあなたのアプリケーションの受け入れの場合には、英語のテストを通過する際に条件付きオファーが行われます。

Titoo の確保は、クラスが開始する前に達成されている必要があります, まだ決定は、大学の裁量であり、したがって、それは入学者に連絡し、より多くの情報を求めることは良いルールです. 私は、英語の大学に出席し、この道を確実に達成し、確かに収益性を取るために彼らの将来の優柔不断学校のいくつかの学生を納得させることのベストに、アイデアを明確にしていることを願っています! うまくいくことを祈る!