ロンドンでのインターンシップの経験を計画していますか? EU外の国から来て、どの書類が必要か分かりませんか? VISAという言葉を聞いたことがありますが、それを得るためのプロセスは何か分かりませんか?

 

心配しないでください、この記事では、あなたが必要とするすべてを見つけるでしょう。

 

ロンドンでインターンシップをすることはあなたの人生を変え、全く異なる現実について学び、異なる文化に出会い、英語を改善し、仕事の世界への扉を開くことを可能にします。

ヨーロッパ以外から移動したい人のための最大の問題は、VISA、特定の条件下で特定の領土に滞在する許可を与える文書を取得することです, この場合、英国で. VISA, a document that gives permission to stay in a specific territory under certain conditions, in this case in the UK.

Theエラスムスプログラムは、ビザを取得するプロセスが簡素化されているため、ロンドンでインターンシップをしたい人にとって確かに優れた選択肢です

大学や他の機関などの仲介業者の存在によって。 今日、様々な州間で定められた国際協定のおかげで、外国での経験をより簡単に行うことが可能です。

ビザの手続き

英国に移住したい非EEA/EUのすべての参加者には、VISAティア5派遣労働者が必要です(これは12〜24ヶ月間有効です)。あなたが適用するスキームに応じて)。

このプロセスは、婚約、英国への到着、滞在/終了の3つの段階で構成されています。


      1. エンゲージメント
        : VISAを取得するために必要な段階(後で深く深くします)、スポンサー証明書(COSフォーム)によって文書化されています。

      2. 英国到着
        : この場合、到着フォームで文書化された英国への到着を参照してください

      3. スポンサーシップの開催中と終了時
        : インターンシップに関連する変更が、勤務場所、労働時間などの観点から伝達される場所。 この場合のドキュメントは変更/離職フォームと呼ばれます。

ビザの取得方法

私たちに興味を持つ段階は、官僚活動のほとんどが行われる場所であるため、エンゲージメント

は最初です。

簡単に言えば、学生会社大学ブリティッシュ・カウンシル4科目を想像してみましょう。

この手順では、受講者が次の手順を実行します。

      1. 勤務先の会社にお問い合わせください。
      2. 会社の受け入れを待つ;
      3. エラスムスの呼び出しを通じて大学で適用します。
      4. 大学が呼び出しを公開し、エラスムス助成金の勝者として学生を認識するのを待ちますErasmus grant;
      5. 文書交換を進documents exchangeめ、大学のコーディネーターに転送します。
      6. 大学がブリティッシュ・カウンシルに書類を送るのを待ちます(文書のセットは「スポンサーシップ証明書」として認識されます – COS)。
      7. ブリティッシュ・カウンシルは約4週間でCOSを検討し、文書が正しければVISA Tier 5を認識し、大学に伝えます。
      8. 大学からの緑色の光を待って、最終的に転送組織に進みます.

必要な書類は何ですか?

すでに述べたように,ビザを取得するために必要な文書は、いくつかの異なると大学にそれらすべてを渡すタスクは、最初に学生次第であり、その後、大学とブリティッシュカウンシルに.

COSプロセスに含まれる文書は6(有給のインターンシップの場合は7、給与が提供され、労働契約がある場合は7)です。

  1. Tier 5 申請書 (こちらでダウンロード可能);
  2. 確認書(大学のウェブサイト上)
  3. 受入れレター (大学のウェブサイト上)
  4. 学習協定(大学のウェブサイト上)
  5. 記録の成績証明書(大学のウェブサイト上)
  6. 犯罪歴(詳細はこちらを参照してください)。

 

より詳細な情報については、

エラスムスのウェブサイト

で直接検索することができます。

エラスムスの利点

The エラスムスプログラムは、学生の時間と責任減らすために、プロセスを大幅に容易にすることを可能にします. これらのプログラムは、しばしば放棄する障壁を大幅に減らし、学生が受け取ることを可能にします funds経済的な観点からも、これらの経験をより容易に扱うことができる奨学金の形で資金を提供しています。

もう一つの利点はinsurance、様々な当局や機関との契約のおかげで大学が提供する保険です。

今日、海外での経験は本当にみんなの手の届くところにあり、何を待っていますか?