イギリスの家の建築はヨーロッパの他の部分とは全く違う。 イギリスの家はほとんどが互いに似ている。

主に住居は以下のとおりです。

一戸建ての家はインディペンデントの家で、通常は庭がある。

戸建住宅に対向する半戸建住宅は、近隣と共通する壁を有しているため、互いに支持されている。
大邸宅と呼ばれる非常に大きな戸建ての家は、実質的には、田舎で、貴族が住んでいる、非常に頻繁にヴィラ。 1700以来、テラスハウスが広まってきた、郊外の家は、長いきちんとした行に建てられた他のすべての隣接と同じです。 これらの家では、あまり高価ではなく、英語のワーキングクラスを生きています。 アパートはフラットと呼ばれ、コンドミニアムはフラットのブロックと呼ばれています。 ファームの隣の家は、観光客のための目的地として非常にファッショナブルな農家です

別の質問は、プロパティの所有権の差別化に関するものです: それは借地または自由保有権プロパティであってもよいです. 借地権とは、建物の階段や庭園など、他の物件と共通して特定の要素を共有する物件です。 この状態は一定時間持続します (通常、より高い値は住宅価格で、長い方が期間です)。 リースが終了すると、家主は自由保有権の条件で不動産を購入する正当な権利を有する。
この最後の1つは、私有地としてプロパティを使用する所有者にのみ適用され、したがって、投資のために不動産を借りる人に実行可能ではありません。